今年もお世話になりました

平成最後の年明けまで残り数時間となりました。

本年も多くの方々にお世話になりました。
みなさまのおかげで本年も無事に3冊の本を送り出すことができました。
心より御礼申し上げます。

ご報告が遅くなってしまいましたが、
シリーズ「水瓶座の少女アレーア」第4巻(学研プラス)が11月に刊行されました。
「動物と話せる少女リリアーネ」の著者タニヤ・シュテーブナーファンをはじめ、
小学校高学年以上のみなさん、この冬休みにぜひぜひお手にとってみてくださいね。

アレーアは陸ではふつうの人間の少女ですが、水に潜るとエラと水かき、それに秘密の力を持ち合わせた海の少女へと変身します。それだけではなく、彼女にはある重要な使命が課せられています。その使命とは、汚染された世界の海を救うこと。
アレーアはドイツのハンブルクで知り合った少年少女とともに帆船で旅に出ます。そして、その船はオランダ、イギリスを経由し、北極圏に近いアイスランドまでやってきました。
そこで彼女たちを待ち受けているものは何か? 船はこれからどこへ行く?
帆船クルクスと五人の少年少女アルファ・クルーの冒険物語をお楽しみください。


南西ドイツもここのところ寒い日がつづいています。
ボーデン湖、ライン川、ドナウ川と南ドイツの国境沿いの地域では、
この時期は霧が深くなります。そんな時に気温がぐんと下がると霧氷ができてとても綺麗

2年前の風景もみごとでした

今年は12月24日が仕事納めでそれまで多忙だったために、Dosi と Dosine の小さなクリスマス会「ガチョウ料理を食べる会」はクリスマスが終わった一昨日、友人を交えて開催。
ドイツではクリスマスの時期にしか食べない特別なお料理です。
付け合わせはクリと紫キャベツとクネーデル(ジャガイモをつぶしてボールにしたもの)

2019年は元号が変わる、すべての人にとって特別な年になりますね。
どうぞ、みなさま、よいお年をお迎えください。
そして
ヨーヨー隊長・マフィン宣伝部長ともども、今後ともよろしくお願い申し上げます!

 

コメントを残す