復活祭

今年も復活祭の季節になりました。

キリスト教でもっとも大きな祝日で、
ドイツ語ではオースターン(Ostern)
英語ではイースター(Easter)と呼ばれています。

イエス・キリストが十字架に架けられてなくなった後、
三日目によみがえったことを祝うお祭りで、
春分をすぎた満月の後の最初の日曜日がこの祝日となり、
3月21日から4月25日の間を年によって移動します。

今年は4月1日がその日にあたります。

復活祭の直前の金曜日のきょうは
ドイツでは聖金曜日(カールフライターク Karfreitag)
と呼ばれる祝日です。

キリストが十字架に架けられた日であることから、
キリスト教徒は敬虔に静かなときを過ごします。
そんなわけで、ドイツでは聖金曜日に禁じられていることがたくさんあります。

肉は食べずに魚を食べる(一部の宗派)
教会の鐘がならない
スポーツや音楽などのイベントは開催してはならない
一部映画の放映禁止…などなど

驚くことに、放送禁止映画のリストには
700以上の作品があげられているとのことで
その中の一つが、なんと、「ハイジ」なのだそうです!
(ただし内容に問題があるわけではなく、上映許可の申請をし忘れてしまった業務ミスだそうです。決まりは決まり、というところがドイツらしい…)

復活祭の時期は、ドイツのどこの州の学校も
2週間前後、休みになります。

ですから復活祭のお祝いはしないで、旅行に出かけてしまう家族もたくさんいます。
リリとイザヤの家族もアフリカのナミビアに旅立ちました。

さて、今頃、リリとイザヤは
ナミビアでなにをしているのかな?
気になる人は、本屋さんへGO!

春休みの一冊にいかがでしょう。
よかったら、お手にとってみてください。

コメントを残す