早くも過去をふりかえる…⁉︎

新年早々、更新がすっかり滞ってしまいましたが、
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

新しい一年が始まったばかりだというのに、いきなりうしろ向きな話題です。
といっても、暗い話ではありません。時間のことです。

もっと早くに投稿しようと思っていたのですが、今頃になってしまいました。

ときは2016年12月30日。
雪もなく、心配になるくらい暖かいドイツ(ヨーロッパ)でした。

写真は南西ドイツの黒い森ことSchwarzwald(シュヴァルツヴァルト)からの眺め。
標高およそ950メートルの地点から西方向を見ています。

遠くに見えるのはフランスのヴォージュ山脈、手前にぽこんと雲の中から飛び出しているのが、ワインの産地 Kaiserstuhl(カイザーシュトゥール)の Totenkopf(トーテンコプフ)。雲のように見えるのは霧です。この、黒い森とヴォーシュ山脈の真ん中あたりにかの有名なライン川が流れています。

黒い森という名前から、うっそうとした真っ黒な森をイメージしますが、
実際には開けた丘もたくさんある、なだらかな山です。林業、牧畜が盛んです。

例年でしたら、クロスカントリーやソリが楽しめるほど雪が積もっていますが、このときはご覧の通り。お散歩を楽しむ人も。道ばたの棒は、雪が積もったときの道しるべ。この日の気温は5度。異常な暖かさといえるでしょう。

こんなにおだやかなのに、500メートル下界は霧とマイナスの世界…。
だから高いところに行きたくなるのであります。

コメントを残す