あと3週間ちょっと…!🎄😵

この夏は日本でもドイツでも猛暑で、ちっとも気温が下がらず、
暑い暑いと言っているうちに秋になり、
それでもずっと暖かい日がつづき、
気づいてみればもう師走。

クリスマスまで3週間ちょっと。
暖冬ながら各地でクリスマスマーケットも始まり、
少しずつ気分も⤴︎

ストレスも⤴︎

あー、今年のプレゼントはどうしよう…悩ましい。
どなたかアイデアを‼️ プリーズ

先月の一時帰国にて
空港はすでにクリスマス

羽田空港
羽田空港のクリスマスイルミネーション

ポカポカ陽気の気持ちよい日がつづいてくれました

浅草
ビルに映るスカイツリー
横浜みなとみらいの夜景

猫たちもぬくぬく、まったり
元気にしています

はじめての読書はリリアーネで!

低学年のみなさんにも読めるリリアーネが登場!

動物と話せる少女リリアーネ
はじめてのものがたり
「友だちは、白い犬!」
(学研プラス)

 

版も文字も大きくてイラストもいっぱい。

モニターになってもらった小学1年生たちからも、
自分で読める!と喜びの声が続々届いています!

夏休み中に本を1冊読みきってみたい!
そんなみなさんにオススメです。
よろしければ、書店でお手にとってみてください。

ただ今、欧州在住の読者モニターを募集しています。
ご希望の方はツイッターのダイレクトメールか、
本画面の右上のEメールからご連絡ください。
数に限りがあるので、応募者多数の場合は抽選とさせていただきます。
(〆切は8月20日)

ヴァンゲン(アルゴイ地方)

さっそく昨日の続きです。

アルゴイ地方のヴァンゲンは小さな中世の町です。

町のあちこちに設置された噴水や水たまりのような小川、
豪華な装飾の吊り看板が目につきます。

人が前に立つと口から水を吐きだす仕掛け噴水(知らずに立って濡れました……)
靴職人カッツ(猫)さんの吊り看板
美容院
図書館

昔の郵便局
郷土博物館

居酒屋

ラーヴェンスブルク郊外の地ビールFarny
Tiroler Gröstl(チロル風ジャーマンポテト)
ゆでたジャガイモと玉ねぎと牛(あるいは豚)をバターで炒めたオーストリアの郷土料理 

2時間もあればじゅうぶんに回れるくらいの小さな町です。

夏休みです

更新がすっかり滞ってしまいました。
m(_ _)m

ただいま夏休みをいただいておりますが、よく考えてみたら
10年以上も夏にまとまった休みを取っていませんでした。

何かしらずっと仕事があったからということもありますが、
休み明けに別のことが重なり首が締まるのではといった不安もあって、
なかなか踏み切れなかったのです。

でも、このままこんなことを続けていたら、
体が動かない年齢になってしまうかも…という
新たな不安を抱えだしました(笑)

そんなわけで、この夏はサクッと休みを取って
南ドイツとスイスを探求することにしました。

フリーランスの人は、やはり、まず休みの日を決めてから
仕事の計画を立てたほうがいいみたい。

さて、夏休み第一弾として、自宅からそれほど遠くはないものの、
未開の地であるアルゴイ地方へと向かってみました。

まずはアルゴイの場所を確認してみましょう。
南ドイツの南端、オーストリアとの国境付近です。

(©︎Allgäu-abc)

今回の目的地は西アルゴイのヴァンゲン

お店の表示と建物がかわいらしい小さな中世の街です。

次回に続く…

新刊のお知らせ 水瓶座の少女アレーア第3巻

さてさて、今日は新刊のお知らせです。
『動物と話せる少女リリアーネ』でおなじみの
タニヤ・シュテーブナーさんのシリーズです!

『水瓶座の少女アレーア』
第3巻 ふたりだけの旅路

自分のルーツをさがしもとめて旅を続けるアレーア。
今回の旅の舞台はイギリスのスコットランド。
アレーアとレノックスはたったふたりでネス湖を目指すのですが、
文字通り、山あり谷あり、そうそうかんたんには前進できません。

果たして目的地にたどりつけるのか?
到達できたとして、そこで待ちかまえているものは何?
今度こそ、自分のルーツを知ることができるのか?

はらはらドキドキの冒険シリーズです。
このゴールデンウィークに、ぜひお手にとってみてください。

シリーズを全くご存知でない方のために、
かんたんなあらすじを書いておきましょう。

幼い頃から病気のために冷たい水に触れることを禁止されていたアレーア。
彼女は水に触れると発作を起こし、場合によっては死にいたるという、恐ろしい病気をかかえています。そんなある日、養母が病に倒れ、行き場を失い失意のどん底にいた彼女は、ちょっと変わった兄弟と少女に出会います。
そして、彼らの帆船で、実母をさがしもとめて旅に出ることになりました。
ところが、そこでとんでもないことが起こります……。

そう、海に落ちてしまったのです……。

もうおしまい……そう思った瞬間に、驚くことが!

ドラマチックな始まりに、おおっ、となったみなさま!
続きは1巻でどうぞお楽しみください!