2020年もありがとうございました

2020年は世の中のすべての人にとって激動の一年でした。

皆さまはどのような一年を過ごされたのでしょうか?

わたしは、1月に日本に帰ってからは、ずっと自宅にいたことをのぞけば
例年とそれほど変わらない生活だったので、ストレスもないと思っていました。

それでも、自由に出かけられない、人に会いに行かれない生活は
自主的にそれをしないのとは違って、思いのほかつらいもので、
無自覚な心の負担があるのか、どうもエンジンのかかりの悪い一年でした。

ここ10数年走りつづけていたので、燃え尽き気味だったこともあるかも…

なんて思ったり。
言い訳するわけではありませんが、そんなこんなでブログも停滞していました。

それでも一年の終わりが迫ってくると、そろそろ何かしなければ…とあせりもあって
ようやく重〜い腰を上げ

皆さまに、お礼のご挨拶をしたくて、参上いたしました😀

本年も大勢の読者さまに拙訳書を読んでいただきまして
ありがとうございました。心より感謝申し上げます。
応援、励ましのお手紙やメールもありがとうございました。
読者の皆さまの温かいお心遣いが、翻訳の仕事だけでなく、
日々の生活の中での心の支えになりました。

2020年も残すところ今日一日。キッパリと別れを告げて、
気持ちよく新しい年をスタートしたいものです。
2021年がすべての人にとって明るい年となりますように!

↓今年刊行された訳書です。よろしくお願いいたします!

コメントを残す