白黒の世界

ドイツのこの冬は、暖かい日と寒い日をくり返しながらすぎていきます。

一日降りつづいた雨は、夜に気温が下がると雪に変わり
朝には、一面、銀世界となりました。

わたしは雪の森が大好きで、今日も溶ける前に散歩に出かけてきました。

森の湿地帯が凍り、生えていた草の上に積もった雪がモグラの穴のよう。

白黒写真に見えますが、修正はしていません。白黒の世界。
動物の足跡も見えます。氷の上を歩けたのでしょうか?
犬と人間と……ほかにもいるのかな?
氷を割ったらもったいないので、わたしは遠巻きに見学だけ。
今日も素敵な風景に出会えて、ありがとう。

コメントを残す