ヨーロッパでも忘年会⁉︎

みなさん、こんにちは。

外国(欧米)では、仕事が終わったらさっさと帰宅
会社の人とは付き合わない
そんな話を聞いたことはありませんか?

でも、実際はどうなのでしょうか…。私の身の回りではそうでもないような。
やはり、コミュニケーションは大事なので、仲の良い同僚たちが会社帰りや週末に集まることは決してめずらしくない気がします。(この場合、たいてい家族ぐるみのおつきあです。)

これがふつうかどうかはわかりません。

集まる理由はいろいろで、バースデーパーティー、ゲーム大会、ハイキング、などなど。
12月のこの時期は、もちろんクリスマスパーティーです。

そんなわけで、先日、いつもお世話になっているスイスのクライアントさんのクリスマス会にお呼ばれしてきました。毎年ユニークな企画をしてくれるので楽しみにしていますが、今回も変わった場所でワイワイ。


場所はスイスのバーゼルSBB駅前にあるMarkthalle(マルクトハレ)
市場と各国料理が楽しめる屋台がずらりと並んだホールはとてもおしゃれ。ここで好きなものを好きなだけ食べよう!という企画でした。小皿でも注文でき、胃袋と相談しながら自分のペースで食べられるのが嬉しい! ということで、ちょっと欲張って、アルゼンチン、レバノン、日本の料理を堪能しました。

で、ローカルな話でもうしわけありませんが、自分用メモとして。
このMarkthalleに美味しいジェラート屋さんを発見! オーナーさんはなんと日本人。柿、抹茶、黒ごまアイスをいただきましたが、どれも美味! Eisuruさんです。「Eis(アイス)」と「愛す」の言葉が遊びがいいですね♪ バーゼル近郊にお住いの方、ぜひお試しください!

コメントを残す