ふしぎな動物がやってきた! マルギット・アウアーさんからのステキなクリスマスプレゼント

すっかり間があいてしまいました。

気づいてみれば、あさっては24日、クリスマス・イヴです。
この時期のヨーロッパは日本の年末とよく似ています。

連日のクリスマス会 → 忘年会
今週くらいからちらほら休暇 → 年末の仕事納め
24日午後から26日までお店がすべて閉まるので事前の買い出しであたふた → おせち料理の準備や、大晦日の買い出し
クリスマスツリーの準備 → 門松やしめ縄のような感じ…

さてそんな中、先日、ステキな贈り物が届きました。せっかくなので披露させてください!

『コーンフィールド先生とふしぎな動物の学校』の著者マルギット・アウアーさんと旦那さまにサイン入りの新刊をいただきました。わあい! ありがとうございます!

リヒャルト・アウアー(Richard Auer)さんはジャーナリスト兼ミステリー作家。いただいたご著書は重版(現在3刷)がかかるほどの人気作品。どんな内容でしょう。ワクワクします。

マルギットさんからは「ふしぎな動物の学校」シリーズの新刊、第8巻。ドイツ語圏だけで、来年には100万部を突破しそうな勢いで読まれている大人気シリーズです。

こんなに人気が出た理由は、やはり読者さん力、『口コミ』だとか。
日本でもそんな風に広がってくれるといいな。リリアーネも確かそうだったような。

日本語版シリーズは、現在5巻まで出版されています。とても楽しいシリーズなので、もっと読んでもらえたらな〜。シリーズを面白いと思ってくださった方は、ぜひ、お友だちに紹介してくださいね! よろしくお願いいたします!

シリーズの内容ですが…

ドラえもんで例えるなら、のび太くんのような子、ジャイアンのような子、スネ夫くんのような子、しずかちゃんのような子。ほかにも、自分の世界にこもってしまう子、体に不自由な部分がある子、家族がばらばらに暮らしている子…。

ふしぎな動物の学校シリーズには、ありとあらゆる子どもが登場します。その中に、きっと読者自身にそっくりな子がいるはずです。どの子にも、ほかの人にはわからない、わかってもらえない悩みがあります。でも、どうすれば解決できるのか、だれに相談すればいいのかわかりません。

そんな悩みをかかえた生徒たちに、クラスの担任コーンフィールド先生と、マジック動物ハスの主人モリソンさんが、ふしぎな動物をプレゼントします。

自分だけと会話ができる、苦手なことや悩みをいっしょに解決してくれる「ふしぎな動物」。シリーズは、そんなふしぎな動物をもらった小学生たちの冒険物語です!

クリスマスプレゼント、まだ決まってない、なににしよう
迷ったときには、ぜひ、『コーンフィールド先生とふしぎな動物の学校』を!

 

 

 

 

 

2件のコメント

    1. リサさん
      コメントありがとうございます!
      ふしぎな動物の学校、お読みくださり嬉しいです。
      私も6巻から先をご紹介したい気持ちはあるのですが…。
      よかったら、お友達にこのシリーズをご紹介ください。
      「もっと先を読みたい!」という声が高まれば、もしかしたら実現するかもしれません。
      これからも、応援、よろしくおねがいいたします。

コメントを残す